TONO’Sブログ ★1月28日(水)■合コンで使える話
FC2ブログ
検索

プロフィール

M_TONO

Author:M_TONO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

TONO’Sブログ
日々の不労収入の結果や、不労収入の情報、お金に関する知識である金融リテラシーの情報を掲載しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★1月28日(水)■合コンで使える話
だいぶ時間が経ってしまいましたが、
カレンダーお話の続きです。

9月は英語でSeptemberですね。
Septemberは、ラテン語で"7番目の"が語源。
9月なのになぜ7番目?というお話でしたね。

ローマでは、シーザーが制定したユリウス暦以前は、ロムルス暦が使われていたそうです。

このロムルス暦は、10ヶ月しかない暦でした。
その当時は、寒さの厳しい冬には活動をしなかったので、月を名付けていなかったようです。

現在の3月が活動を開始する時期だったので、
そこからMartius、Aprilis、Maius、Juniusとローマの神の名を付けました。
そのあとは、5番目の月、6番目の月・・・という具合に10月まで、
Quintilis、Sextitlis、September、October、November、Decemberとラテン語の数詞にちなんで名前を付けたそうです。

その後、ヌマ暦になると、
やっぱ1年は12ヵ月だよねってことで、11月と12月を加えることにしたのですが、
JanuariusとFebruariusという神の名前を付けて、Decemberの後に追加したそうです。

さらにその後、神様の名前であるJanuariusとFebruariusが最後尾に来るとはけしからんということで、
JanuariusとFebruariusを先頭に持ってきたので、
Martius以下が2ヶ月ずつ繰り下げてしまったそうです。

ということで、現在のように、月の順番が2つずつズレているそうなのです。。。

その後、シーザーの時代にシーザーが自分の誕生月であるQuintilisを自分の名前に変更してしまい、
アウグストゥスが自分の誕生月であるSextitlisを自分の名前に変更したそうです。

さらに、もともとシーザーが決めたときは、
奇数月が大の月、偶数月が小の月(2月は29日)だったらしいのですが、
アウグストゥスは自分の月が他の月より日数が少ないことが気に入らないので、
8月を31日に増やし、代わりに2月から1日を削って28日としてしまいました。
また、7月、8月、9月と31日の大の月が続くこととなってしまうので、
9月を小の月、10月を大の月、11月は小の月、12月を大の月というふうにズラしたようです。

こんなことがあって、
現在のようなカレンダーとなってしまったのですね^^;


そういえば、この話を合コンの帝王が合コンの時にしていたなぁ。。。


 
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mtono.blog94.fc2.com/tb.php/153-e7f8fcf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。