TONO’Sブログ ★9月25日(木)■リスクプレミアム
FC2ブログ
検索

プロフィール

M_TONO

Author:M_TONO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

TONO’Sブログ
日々の不労収入の結果や、不労収入の情報、お金に関する知識である金融リテラシーの情報を掲載しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★9月25日(木)■リスクプレミアム
今日は、前回の不動産の理論価値の話の続きをしましょう。

ちょっと振り返ってみると、
不動産の理論価値は以下の式であらわせましたね。

不動産の理論価値=年間賃料/運用利回り


この式の運用利回りとは何でしょうか?

この不動産の運用利回りは、

不動産の運用利回り=無リスク金利+リスクプレミアム…(13)

であらわせます。

無リスク金利とは、無リスクで資産運用できる金利なので、
10年ものの国債の長期金利と考えてよいでしょう。


では、リスクプレミアムって、何でしょうか?


不動産投資は、国債とは異なり、リスクを伴いますね。

不動産はリスクを伴うのに、国債と同じ運用利回りだとしたら、
誰も投資はしないでしょう。

リスクがあるのだから、リスクを取ることに対する報酬がないと投資をしようとはしないでしょう。

このリスクを取ることに対する報酬分がリスクプレミアムという考え方です。

つまり、リスクプレミアムとは、
不動産の運用利回りから、
安全資産である国債の利回りを引いたもということができます。

このリスクプレミアムは、常に、市場によって決まります。

不動産のリスクプレミアムが、
株式や債券などの他の資産運用手段から得られるリスクプレミアムよりも、
有利に感じた時にはじめて、不動産を選択する経済合理性が生まれるわけです。

ということで今日はここまで。。。



おまけ

今日のおまけは、今回の内容とは関係ないです^^;
ちょっと感動した言葉を載せておきます。。。


-----------------------------------------------

この1試合しか球場に来られない人がいる。

お前にとっては140分の1のゲームであり、

10何年経てば、2000試合分の1かも知れないけど、

今日しか来られない人が、この中には多分いるだろう。

その人のためにも出続ける義務が、選手にはあるんだよ。     

-----------------------------------------------

城島は、王貞治監督によくこう言われていたそうです。

王貞治という人間の大きさが伝わってきますね。

常にプロフェッショナルであり、去り際は美しくありたいですね。

WBCの監督をやって欲しいなぁー。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mtono.blog94.fc2.com/tb.php/82-ee6ca1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。